レストラン

トップページレストラン日本料理 藍彩

ご慶事・お祝いのご案内

お顔合わせ、お宮参り、七五三、ご長寿のお祝い等大切な日に・・・

ご結納、初節句のお祝い、長寿祝い、結婚記念日、昇進祝いなど、人生には大切にしたいお祝いごとが数多くあります。JRホテルクレメント徳島、日本料理「藍彩」は心のこもったおもてなしと質の高いサービスで、お祝いの席をより華やかに、心地よく演出いたします。

ご慶事・お祝い膳

さまざまなお祝いの席にご利用いただけます

ご婚礼 ご結納、お顔合わせ
ご結婚記念日 5年目 木婚式、10年目 錫婚式、25年目 銀婚式、50年目 金婚式、55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイヤモンド婚式
お子様のお祝い ★お七夜、お宮参り、★お食い初め、初節句、七五三、入園・入学・卒業、成人式
長寿の祝い 還暦 61歳、古希 70歳、喜寿 77歳、傘寿 80歳、米寿 88歳、卒寿 90歳、白寿 99歳
上寿 100歳
その他 昇進、父の日・母の日、敬老の日、新築祝い など

お祝い会席

ご慶事に合わせ、さまざまな特典をご用意しております

上記お祝い一覧の「★マーク」が付いているご慶事につきましては、ささやかですが藍彩から特典をご用意させていただきました。

  • お七夜
    色紙に命名をお書きし、床の間にお飾りいたします。
  • お食い初め
    正式な漆器の食器をご用意いたします。

ご慶事についての詳細

ご結納

婚約の印に両家の間で品物を交換する事。かつては「家と家を結びつける」という意味で、結納の儀式を重視していました。結納を取り交わすことで、この日を境に正式な婚約者となるのが古くからのしきたり。両家で結納品や婚約記念品をやり取りすることで、「親戚同士になるのでよろしくお願いします」という正式な挨拶をする場でもあります。

ご結納

お顔合わせ

顔合わせとは、両家の両親や家族を引き会わせることで、今や婚礼行事の一つとなっています。両家の家族がこの場で正式に顔を合わせ、お互いの自己紹介をし、親睦を深めることを目的としています。本来両家の両親や家族が正式に顔を合わせる場として結納があります。しかし、最近はこの結納もかなり簡略化されてきており、その簡略化された結納の一つとしてこの顔合わせがあるのです。

ご結婚記念日

ご結婚記念日 <5年目/木婚式> 額縁や鉢植えの木、観葉植物などの木製品を贈ります。
<10年目/錫婚式> 錫のアクセサリーなどを贈ります。
<25年目/銀婚式> フォークやスプーン、アクセサリーや飾りなどの銀製品を贈ります。
<50年目/金婚式> 金の装飾品はもちろん、金箔をあしらったケーキや料理、金箔入りのお酒などを贈ります。
<55年目/エメラルド婚式> エメラルドを使ったアクセサリーなどの装飾品を贈ります。
<60年目/ダイヤモンド婚式> 最高の結婚記念日。ダイヤモンド製品を贈ります。

お子様のお祝い

<お七夜(名付けの祝い)>
お七夜とは、赤ちゃんが誕生して無事に1週間がたったことをお祝いし、これからの健やかな成長を願う行事です。「名付けの祝い」「命名式」とも呼ばれ、赤ちゃんの名前をお披露目し、社会の一員としてその存在を家族や地域の人々、その土地の産神(うぶがみ)に報告する日とされています。
<お宮参り>
お宮参りとは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。
お宮参り
<お食い初め>
赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食べさせるまねをします。赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないように」と願う日本の伝統的な儀式です。

お食い初めプランはこちら

お食い初め
お食い初め
<初節句>
初節句とは、生後初めて迎える節句のことです。女の子は3月3日の桃の節句・男の子は5月5日の端午の節句で、祖父などを招いてお祝いをします。
<七五三>
幼児の成長期における重要な儀礼の一つ。一般に男児は3歳と5歳,女児は3歳,7歳で行う。

長寿の祝い各種ちゃんちゃんこのご用意がございます。※各1セットずつとなりますので先着順とさせていただきます。

長寿を祝福し、周りの者が長寿にあやかる儀礼です。算賀〔さんが〕、賀の祝い、賀寿〔がじゅ〕とも言います。

<60歳/還暦>
「還暦のお祝い」とは、暦の干支が六十一年で生まれた年に戻ることから行われる長寿の儀式の一つです。還暦祝いのちゃんちゃんこは「赤色」です。
ちゃんちゃんこ「赤色」
<70歳/古希>
唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこに でもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)に由来する。古希祝いのちゃんちゃんこは「紫色」です。
<77歳/喜寿>
喜とは、七十七の書体が喜のくずし字に類似していることにちなむ。この慣習は中世以降、とくに近世に広まり、祝いにさいしては祝宴や贈答が行われる。喜寿祝いのちゃんちゃんこは「紫色」です。
ちゃんちゃんこ「紫色」
<80歳/傘寿>
傘の略字(仐)が、八十に見えることからこの名がついたものです。ちゃんちゃんこの色は「黄色」です。
<88歳/米寿>
米寿祝いとは「88歳のお祝い」米の字が八十八から出来ていることから米寿となり「米の祝い」とも言われます。ちゃんちゃんこの色は「黄色」です。
ちゃんちゃんこ「黄色」
<90歳/卒寿>
卒の祝いとも言い、卒の俗語(卆)が九十と読めることからこの名が出ています。ちゃんちゃんこの色は「白色」です。
<99歳/白寿>
白寿祝いは、「99歳のお祝い」や「白字の祝い」と言い、百の字から一の字を取ると「白」となり、また百から一を引くと九十九になるところから白色を使います。ちゃんちゃんこの色は「白色」です。
<100歳/上寿>
100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。白が長寿祝いの色とされています。ちゃんちゃんこの色は「白色」です。
ちゃんちゃんこ「白色」

藍彩のお問い合わせ

販売予約課
電話  088-656-3117

フォームからお問い合わせ

商品価格には細心の注意を払っておりますが、万が一、人為的なミスやシステムの障害等による販売価格の錯誤が発生した場合、民法95条で定める「錯誤に基く契約無効」に基き弊社より、ご予約のお取消しをさせていただく場合がございますので予めご了承ください。